せんだい演劇工房10-Box

せんだい短編戯曲賞 これまでの受賞作品

第1回 (応募総数161篇 最終選考会:2013年6月25日)

[大賞]
横山拓也   『人の気も知らないで』  
綾門優季   『止まらない子供たちが轢かれてゆく』  

[最終候補]
石神夏希     『アマゾン』 
オノマリコ    『三月十一日の夜のはなし』    
カゲヤマ気象台  『耄碌車リン軸ヂャヤ』     
川津羊太郎    『目病み猫と水のない水槽』    
工藤千夏     『パーマ屋さん』      
佐藤茂紀     『この青空は、ほんとの空ってことでいいですか?』      
西史夏      『三月の葡萄』         
古川健      『親愛なる我が総統』 
三井快      『Zero Plus (0+)』   

 

第2回 (応募総数206篇 最終選考会:2014年10月17日)

[大賞]
川津羊太郎  『街に浮遊する信号器』     
西史夏    『ナイト・ウィズ・キャバレット』             

[最終候補]
粟飯原ほのか   『あしたにつづく』    
伊地知克介    『写真館と鳥たち』    
坂本鈴      『女2(29)会社員』         
島田聖樹     『「最後の晩餐」らぷそでい』  
菅井菅      『遠ぐでクラクション』         
冨田啓介     『同じ床の上』         
中村賢司     『指先から少し血が流れ始めた』         
ハセガワアユム  『いつも心だけが追いつかない』         
三谷智子     『NO REGRET NO LIFEー朝顔ー』     
吉田小夏     『Butterflies in my stomach』

 

第3回 (応募総数215篇 最終選考会:2015年10月19日)

[大賞]
綾門優季   『不眠普及』               

[最終候補]
石田聖也     『ノクターン』
大迫旭洋     『2』
刈馬カオス    『誰も死なない』
國吉咲貴     『路上芝居』
くるみざわしん  『振って、振られて』
小佐部明広    『ともこのかげ』
山下由      『アラル』
山本彩      『蔓延ル緑』  

 

第4回 (応募総数149篇 最終選考会:2016年11月17日)

[大賞]
柳生二千翔  『ささやきの彼方』
藤井颯太郎  『ミルユメコリオ』 

[最終候補]
上野友之     『Nice to meet you, My old friend』 
小塩大輔     『消えない面影―すべては言えないままで』 
國吉咲貴     『隣の隣人』 
くるみざわしん  『奪われた止まり木』 
佐藤雄貴     『遺書の朗読会』 
武重守彦     『銀河鉄道の夜~ミヤザワケンジ・モディファイド~』 
田中寛人     『東京から遠く離れて』 
西野勇仁     『珈琲豆と機関銃』 
原田ゆう     『私、洗濯機をさらいにいくわ』 
三浦雨林     『或夜の感想』 

 

第5回 (応募総数212篇 最終選考会:2017年9月25日)

[大賞]
大竹竜平  『タイトルはご自由に。』
鈴木穣   『ひみつ箱』

[最終候補]
塩見敏弘    『需給・熱病・剥落したのは夏の空』
高石紗和子   『盲聾〔Blind and Deaf〕』
土橋淳志    『メイド・イン・ジャパン』
寺戸隆之    『歩』
中條岳青    『地下室でおやすみ』
古川大輔    『海から来た人』
松岡伸哉    『おあいこ』
南出謙吾    『晴れ間』
吉永輪太郎   『冗談』


第6回 (応募総数188篇 最終選考会:2018年10月29日)

[大賞]
ピンク地底人3号  『わたしのヒーロー』

[最終候補]
いしざわみな  『私の帰る処』
大迫旭洋    『そのころ』
笠木泉     『家の鍵』
河合穂高    『海繭の仔』
國吉咲貴    『朗読劇』
升孝一郎    『×(ペケ)な人々』
三橋亮太    『牛乳とハチミツ、ゆれて三日月を喰みる』
山本タカ    『プールサイドの砂とうた』
山本正典    『一人多い家族』