せんだい演劇工房10-Box

  • 観る・聴く

劇団こふく劇場 第16回公演

ロマンス

石田雄造。九州のとある町に暮らすその男の人生の、最後の一年で起きた不思議な出来事たち。
幼い頃、64歳の誕生日に死ぬことを予言された雄造は、平成29年12月、63歳の誕生日を迎えた。
それからの一年の、出会い、別れ、再会。
どこにでもあるそんな邂逅は、けれど最後の時間を過ごす雄造にとってはかけがえないものだった。

全国を旅し、のべ16の劇場で上演した代表作「ただいま」(2015~2019)以来となる、劇団こふく劇場6年ぶりの新作本公演。

【作・演出】
永山智行

【出演】
かみもと千春 濵沙杲宏 大迫紗佑里 有村香澄 池田孝彰

【日時】
2022年1月15日(土)~16日(日)
1月15日(土)18:00開演
1月16日(日)14:00開演
※開場/受付開始は開演の30分前

【会場】
せんだい演劇工房10-BOX box-1 (宮城県仙台市若林区卸町2-12-9)

【料金】
一般:2,500円 (当日:2,800円)
U25割 (25歳以下):1,500円 (前売・当日とも)
※日時指定全席自由/未就学児入場不可
※U25割は、公演当日に25歳以下の方が対象となります。当日受付にて証明書類をご提示ください。

【チケット取り扱い】2021年11月14日(日) 予約開始
・劇団こふく劇場 TEL:0986-26-6422 HP:http://www.cofuku.com
・ローソンチケット https://l-tike.com/ L コード 22611
・予約フォーム https://www.quartet-online.net/ticket/romance-sendai

【新型コロナウィルス感染拡大防止対策について】
・開催時点の感染状況などを見極めながら、様々な感染症対策を行います。お客さまにもご理解、ご協力をお願いいたします。
・感染状況の変化によっては、上演が延期や中止になることもございます。あらかじめご了承ください。

主催:合同会社こふく劇場
共催:公益財団法人仙台市市民文化事業団 (公財)宮崎県芸術文化協会
助成:アーツカウンシルみやざき(令和3年度県民芸術祭事業)
   芸術文化振興基金助成事業 
後援:宮崎県
協力:小濱昭博(劇団 短距離弾道ミサイル)

【スタッフ】
音楽:かみもと千春
照明:工藤真一(ユニークブレーン)
音響:出井稔師
美術:満木夢奈(ユニークブレーン)
衣裳:伊藤海(劇団FLAG)
宣伝美術:多田香織(KAKUTA)
制作:大迫紗佑里・髙橋知美(キューズリンク)

劇団こふく劇場

1990年宮崎県都城市で結成。以降活動を全国へと広げる一方、人口 2万5千人の三股町の文化会館のフランチャイズカンパニーとして、ワークショップ、小学校巡回公演、町民参加作品の創作や演劇フェスティバル「まちドラ!」の企画などを担っている。地域に根差した活動で 2018 年度には宮崎県地域づくり顕彰の大賞(主催:宮崎県)を受賞。 また、2007年からは障害者も一俳優として参加する作品づくり(みやざき◎まあるい劇場)をはじめ、質の高さ、活動の社会的な広がり、その両面から高く評価されている。 劇団として、近年は、人間の普遍的な営みを、その身体の発する音を手がかりに、作品ごとに様式を組みあげながらつくっている。