せんだい演劇工房10-Box

せんだい短編戯曲賞とは

せんだい演劇工房10-BOXでは、劇都仙台事業の拠点として、2002年の開設当初から公演事業やワークショップ、アウトリーチ活動を行ってきました。「試しながらじっくり演劇を創る空間」として、また仙台の演劇芸術の発信と交流の場として、多くの演劇事業を実施してきた中で、2012年度からは「せんだい短編戯曲賞」を実施しています。

この戯曲賞は一過性の懸賞制度に留まらず、多くの演劇の基盤ともいえる高校演劇の大会などをはじめ、さまざまな機会に上演しやすいコンパクトで、しかも優れた戯曲が集まることを目指して設立しました。特徴として、「短編であること」「日本各地の制作者/プロデューサーが選考すること」「最終候補作の10作品程度がまとめられ冊子になること」の3つが挙げられます。この戯曲賞によって、優れた作品や劇作家が制作者/プロデューサーと出会い、さらに活字となって、多くの劇団や演出家と出会い、上演の機会を得るきっかけになることを目指しています。

 

応募要項

1:応募資格
●作家の年齢、性別、国籍、居住地、受賞歴は一切問いません。

2:応募条件
● 一人一作品で日本語による戯曲とします。
● 作品は、応募年の2年前の3月11日以降に書かれ、上演時間おおむね60分以内の戯曲でかつ著作権・上演権・出版権が応募者本人にあるものに限ります。
● 既発表、既上演の作品についても応募できます。ただし同時期の他の賞との重複応募、また過去に他の賞で入選歴のある作品は応募できません。
● 作品の書式は問いませんが、400字詰め原稿用紙に換算の際、おおむね100枚とします。
● 他の戯曲、小説、映画などから引用した場合は、その作品名および引用箇所を明記してください。
● 最終候補作品(大賞作品含む)の上演権及び出版権は最終候補作品の発表から2年間、公益財団法人仙台市市民文化事業団に帰属[*]するものとします。

* 上演権・出版権の帰属について:
最終候補作品の発表から2年間、当該作品の上演や出版を行おうとする場合には「公益財団法人仙台市市民文化事業団」への申請が必要となります。申請を頂いた場合には、当該作品の著作権者との協議の上で許諾するかどうか回答することになりますが、優れた作品が世の中に出ることを妨げる意図はありません。

3:応募方法
● 作品原稿(表紙含む)を3部、下記の送付先まで郵送してください。 * Eメールでの受付はいたしません。
● 表紙には作品名、作家名、枚数(400字詰換算)、登場人物、200字程度のあらすじを必ず記載してください。
● 氏名(ペンネームの方は本名も)・住所・電話番号・メールアドレス・生年月日・略歴(演劇活動等、簡単な経歴)記載の別紙を1部同封して下さい。
● 送付先: 〒984-0015 仙台市若林区卸町2-12-9 せんだい演劇工房10-BOX内 「せんだい短編戯曲賞」係

4:応募受付期間
● 毎年3月1日から3月15日を予定 * 当日消印有効 / 決定次第HP上にて発表

5:注意事項
● 応募書類は返却しません。
● 応募条件に違反している事実が判明した場合、応募が無効となります。
● 作品は手書きでも構いません。ただし応募作品が最終候補作品となった場合は、テキストデータ(ワード形式)を提出していただきます。

6:選考委員
● 全国のディレクター・制作者5名 *決定次第、HPにて公開いたします。

7:最終候補作品の発表
● 応募作品の中から10作品程度を選考します。最終候補作品は大賞発表までの間、作品及び作家名をウェブサイトにて公開します。

8:賞及び賞金
● 5名の選考委員により、大賞作品を決定します。選考の結果によって、大賞作品が複数となる場合があります。副賞の賞金総額は50万円で、5名の選考委員が選考した結果に応じ、賞金額が決まります。賞金には源泉所得税が含まれます。

9:発行
● 最終候補作品(大賞作品含む)は、1冊の戯曲集として出版されます。

10: リーディング公演
● 大賞決定後、仙台市内で大賞作品のリーディング公演を行います。

11: 主催
● 公益財団法人仙台市市民文化事業団・仙台市

 

これまでの選考委員

● 相内唯史(大阪/インディペンデントシアター)
● 岡田康之(新潟/りゅーとぴあ)
● 木元太郎(東京/こまばアゴラ劇場)
● 小室明子(札幌/NPO法人コンカリーニョ)
● 澤藤歩(神奈川/KAAT神奈川芸術劇場)
● 萩原麗子 (京都/京都芸術センター)
● 平松隆之(名古屋/うりんこ劇場)
● 山本清文 (愛媛/あかがねミュージアム)

* 第4回まで/敬称略/所属は選考委員就任当時